【FX用語】FX基本用語について解説!!10選

FX用語についてざっくりご紹介したいと思います。
はいおよそ10個のFX用語が登場したわけですけどもFXしたことない人わかんない人も中にはいるかと思いますのでまずはね
この10個の単語とその意味についてざっくりお話ししていきます.

10個のFX用語

PIPSとロット

それではまずはPIPSとロットからです。

PIPSは価格変動幅を表します取引する上で気を付けてほしいんですけども、よくいくら稼いだと言うて人の意見よりも何PIPSとれたここがね一番重要になってきます。
なぜなら自分の持っている資金に対しての注文その注文に対しての何PIPSこれが利益にとって一番大事な所になってきますのでPIPSがとっても大事です。
例えばドル円であれば0.01へ動くと1PIPSユーロドルであれば0.0001円おくと1PIPSが絡む通貨では小数点第2位なんですけども、なんとかドルってなった時は小数点第4位が1PIPSになります。

次にロッドです。ロッドの方は注文数量になります。
例えば1ロットで10万通貨の場合、0.01ロットは1000通貨になります。
なのでドル円が仮に110円の時は0.01ロットの注文を入れると11万円を証拠金として預けることになります。
これについては後のレバレッジとロッドの絡みがありますのであとでお話しします。

ナンピン、マーチン、ナンピンマーチン

次にちょっとここだけ外れちゃうんですけれども取引のやり方みたいな感じです。

ナンピンっていうのは含み損抱えているときに追加注文を入れることです。

マーチンというのは同じく含み損を抱えているときに倍額注文を入れることです。

ナンピンマーチンって言葉になりますと含み損を抱えている途中に倍額注文を繰り返しすことです。

例えばナンピンであれば0.01ロット入れた次の注文は0.01ロットでマーチンになると0.01ロットの次は0.02ロッドになります。

ナンピンマーチンになり0.01、0.02点で0.04その次は0.08って感じで倍、倍、倍とやっていくのがナンピンマーチンと呼びます。

ロスカット、損切り、ストップロスオーダー

次はフォーマー、損失関係なんですけども強制ロスカットと損切りとストップロスオーダーこれはね似てて大きく違います。

まずは強制ロスカットこれは避けましょう。書庫金がガッツリ飛んでしまいます。

こっちは書庫金飛ぶってことは口座資金にガッツリ無くなっちゃうことなのでここは避けたい高益です。

ただねその人のやり方司法システムによっては逆に強制ロスカット食らわせてしまった方が良いものもありますので使い方です。

損切りはですね先を見据えて行う損失のこと損切りっていうのは悪いことじゃないです。

例えばその自分やってるロジックであったり相場の流れであったりが自分の感じたものとかけ離れている真逆をいってしまったときにここで損切りをしてしまおうこの構えがとっても大事です。

だいたい損切りがいるときは手動でやることも多いと思います。

次にストップロスオーダー言ってしまえばが損切りなんですけども、ストップロスオーダーてなると損切りをオーダーする。
損切りをその瞬間決済するんじゃなくてここの値になったときにあの損切りしてくださいっていうのをあらかじめ注文入れた時にいれておけます。
なので自分が例えばあのゲームしてくれもテレビ見ててもなんでもいいんですけども、仕事している最中でもそこに引っかかったら自動的に損失で決済されるような設定です。

ここをとっても使いますし重要です。

逆は定期プロフィット利益を確定するラインをあらかじめ入れることができますなどで寝てる間に利益ラインなった時はそこで掲載されます。

レバレッジ、証拠金

次にレバレッジと証拠金です。

レバレッジっていうのはテコの原理であの書庫金対して何倍もの取引できるところです。

例えば500倍取引所の場合は10万円フル出かけたとすると5000枚の取引ができます。

証拠金FX注文する際に担保としてあつけるお金ですなので例えばレバレッジ500倍の取引所でドル円を0.01ロット110円の時にやったとするとレバレッジがかけてられない状態だと11万円を預ける必要があるんですけどもレバレッジ500倍聞いてあれば11万円を割る500倍で220円なので220円を担保として0.01ロットの取引ができるようになります。

単利と複利

では最後に単利と複利です。

また面白くて同じようなことを同じようにやっていても単利でやるか複利でやるかによってお金の増え方っていうのが変わってきます。
抱えるリスクっていうのも変わってきます。
例えば元金100万円の場合は年利50%としますと1年後には100枚が150%ということです。
また利益を50枚出してまた100万円で翌年やるって感じなので1年に50枚ずつかける10年回すと
利益が500万円に対して福利っていうのは元利+利子さらに利子がつくことなので元金100万円で初年度は年利50%で100万円と50万円の利益150万になりますねでその150枚を翌年また150%すると150%の150%のさらに150%して言って10年すると利益やこの場合単純計算で5666万円
なります。

単利の方は単純にねあの×10すればいいだけなんですけども
複利場合は都度×50%1.5ずつしなきゃいけないですけど電卓などで計算した方が効率よさそうです。。

複利で回せるシステムはCheval&pomme単利で回すのはアンビションシステムということになりまして私のおすすめはどちらもオススメなんですけどもどちらかというとCheval&pommeほうがオススメになっております。
初心者の人でもねON・OFFはいりませんのではっきり言ったら動作確認と見ているだけ複利で安定的に稼いでいやすいシステムになっております。

おすすめの記事