投資家として未来が絶望な人‼

一発やトレーダーと継続して勝ち続けてるとれざるたった一つの違いということで投資する上でただ勝つんじゃなくて書き続けることは非常に重要なんですね。

ただ一回一回のどれで勝つことを目的するんじゃなくて継続して勝ち続けるような手法やロジックを組むことも大事なんです。

誤解を招いてしまうかもしれませんが1回のトレードで書くことにはあまり意味がないんですね継続し勝たなければ資産を築くことはできないのでたった1回に勝敗の特に気にする必要もないして対象したとしてもそれは運によるものだと自戒した方がいいということなんです。

継続するには

結論を言いますと一発やトレーダーと継続して勝ち続けるトレーダーのたった一つの違いというのは運と実力の違うってことをしっかりと区別できているということなんです。

継続して勝ち続けるには運と実力の違いをしっかりと分けて考えなきゃいけなくて継続してかつ続けるトレーダーになるためには何が実力で何が運かまずはこれをきちんと分析することが大事なんです。

特に急に資産が増えた場合っていうのは努力はもちろんしていたかもしれないですけど一方で様々なラッキー重なっていたっていうことを知っておかないと結局そのラッキーで得た利益でした利益を失いかねないということなんです。

人間はどうしても成功自分の実力によるものだと思い違ってしまって反対に失敗は他人のせいにしてしまうんです。

でもその驕りや過信が運によって得た利益を全てご破算にしてしまうところか結局その稼いだ以上のお金は相場に返すことになってしまうんです。

運と実力がしっかりと区別するっていうのは課題の分離と言ってこれアドラー心理学で中心となっている考え方で自分の課題と他の人の課題を切り分けて考えるというものなんです。

ベストセラーの嫌われる勇気でこんな形で説明されていて何か問題が起こった時、まずこれは誰が課題なのか自分なのか他者なんといったように明確にその課題を分離するということなんです。

どこまでが自分の課題でどこから他者の課題なのか冷静に線引きするということなんです。

この場合この他者というのが運で運による部分と実力にある部分ははっきりと分けましょうよってことなんです。

例えばトレードだといろんな努力で変えられる部分とそうでない部分うんを開けるということなんですねえんによるつまり改善不可といったものがこのようなものです。

の位置に持ち越した時に窓が開けて価格が下落してしまった一度強制ロスカット寸前までいったけど持ち直してプラテンした雇用統計などの大きな仕様で予想に反してねが動いて大損をしたってそして実力による部分改善可能なポイントです。

コツコツドカンを繰り返してしまう。

この場合の改善はリスクリワードの超そもそもの手法の見直し連敗するとロット大きくなってさらに損を出してしまう。

この場合は改善点は次ターンでロットサイズを固定する、証券口座のサーバーがダウンしてログインできずに大損した、この場合の改善点は普通口座もて示唆オーブンさせておくこんな感じなんですけどあくまで例なんですけどとにかくまずやるべきことは自分が導き出した問題が実力によるものなのか

運によるものなのかの課題の分離するということです。

じゃあこの課題の文雄するシーンのメリットっていうのはいろんな行動によって変えられるものだけにフォーカスして全力でその課題に取り組むことができるということなんです。

よく大損してもこれからトレードを続けていける自信が台ですとか借金を抱えてしまいましたっていうのは、ある意味実力によるものなのですがこれはすでに終わった過去のことで支えられない部分って課題の分離いうと前者の改善不可にあたる部分です。

負けてしまったことに対しての選択や行動は大いに反省すべきですがそれに対して起こった感情は、変えることができないので悩んで行くのはそこではなくてこれからどうトレードをするのかといった部分にフォーカスすべきです。

なので負けたことに対して手法を改善していくことは実力による部分なので改善貫可能。

負けてしまったという過去に対しての負の感情を変えることができないので運による部分と考えて改善不可と課題の分量した方がいいけどです。

変えられないことは捨てよう

ほんとプロ野球選手の松井秀喜さんは信念を貫くという書籍でこんなこと書いてんです。

自分がコントロールできることとできないことを分けて考えなければならない。

コントロールできることについては結果に繋げるべく努力をするコントロールできないことには関心を持たずとらわれない。
思うようにヒット受けない時はマスコミ上がることないこと書いたりします。

そんな時松井さん周りのゴシップはコントロールできないことと考えてそれにとらわれずに練習をして次の打席打つための努力をするという対応できることに集中したんです。

スポーツでも投資でも戦績は不調なときというのはもちろんネガティブになりやすく練習は勉強に身が入らなくて
準備も疎かになって実践をミスをしてしまいがちです。

変えられないことを悩んだり改善しようとするんじゃなくて、そういったエネルギーを改善できる部分にコミットしていくことで自分の方が最短でクリアしていくことができるのです。

他者の課題をすてて自分の課題だけに集中するということと思うんです。

課題の分離をすることで得られるメリットとっても多くてまず正しい判断ができるようになるそしてそれにに集中して打ち込むことができる、そして最後は自信が持てるようになるということなんです。

そのためには今この取り組んでいる課題の分離はできているだろうかしてできていないときは他者の課題をしてて自分の課題に集中するということです。

それを繰り返すことが重要ねぜひトレードではなく人間関係は人生で悩んだ時も課題の分離してみるといいと思います。

おすすめの記事