【FX】トレードにも役に立つ鋼のメンタルの創り方‼

今日はトレードを思い通りにするイチロー選手もやってるメンタルの作り方ということで実はこれは仕事や日常でも使える陳腐化しなメソッドなのでこれをマスターすれば投資だけじゃなくて人生までも思い通りになります。

トレード中はポジションが気になってしょうがないって言った方だったり、他人がどんなポジションを持ってるか気になったり、SNSで自分に都合のいい情報ばかり集めてしまったりトレードで負けた後は憂鬱で次の日仕事に行きたくないと感じだったり、短期トレーダーであればあるほどこのようなことを感じやすいと思います。

そんな方には今回間違いなく役に立つ内容だと思います。

メンタル鍛える方法

自分を客観視する

そういった悩みを解決する方法はズバリですね俯瞰能力鍛えるトレーニングをするっていうことなんです。

実はつい最近引退したイチロー選手も行っていることでインタビューの時に自分の斜め後ろにもう一人の自分がいて常に見られているって言ってるんです。

上から客観視することを習慣づけているということです。

ここで大事なのが客観視とプラスアルファでそれを習慣づけるってことです。

ですが、この客観視ということをいきなりやれって言われてもそう簡単にはできないと思います。

他人の相談だと冷静に答えられるのに、いざ自分がそういった境地に陥ってしまった場合に冷静な判断ができなくなることは珍しくないんです。

これはソロモンのパラドックスでも証明されているようにたとえね優秀な方であってもそのようなことに陥ってしまうんです。

なので徐々にでいいのでそういった思考を習慣づけるといったことを意識すると良いと思います。

エンプティチェア

この方法はエンプティチェアという方法なんです。

これはですね驚くほど悩みが解決するって言われていて、まずやり方では紙に今の悩みをかき出します。

そう隣り合うように2つ並べて片方の椅子に座るんですねですねもう片方の椅子に悩みを書いた紙を置いてもう一人の自分が座っているのを想像してみてください。そして空いている椅子にイメージで座って自分に向けて悩みのアドバイスをしてあげてください。

隣の椅子に座っているもう一人のイメージしてる自分にアドバイスすることで一人で考えている時には見いだせなかった最良なアドバイスや
解決策がひらめいたりするんです。

つまり他人にアドバイスをしているかのように客観的視野を持って分にアドバイスができるようになるということ、紙といすを用意しなきゃいけないので最初はねちょっと面倒だと思いますがこれを何度かを行うことで、椅子を置かなくても通常の状態で自分自身に客観的アドバイスができるようになるということなんです。

これであなたもで鋼メンタルです。

ちなみにですね8000人以上の物事がねうまくいってる人と言ってない人を研究した人がいるんです。

何をやっても上手く人の共通点というものがあってそれは心が強い人だったんです。

メンタルが強い人はトレードだけじゃなくて何をやってもうまくいくってことなんです。

つまり人生が思い通りになってしまうっていうことなんです。

まとめ

損切りできない塩漬けのポジションを持ち告げていたとしたらこのエンプティーチェアを使って自分がポジションを持っていなかったら新たにねポジションも使ってイメージした自分に質問して見ていただけたらなと思います。

今日はトレードに役立つメンタルの作り方ということでイチロー選手もこの俯瞰力については日々意識して行って達人だねメンタル
コントロール術を言えると思います。

その方法にエンプティチェアという方を紹介して二つの椅子を置いてもう1方のイメージた自分にアドバイスをするという方法で俯瞰力を養うというお話をしました。

おすすめの記事