【FX】FX資金管理とリスク管理の具体的な方法‼

今回ですねFX初心者の為の資金管理の重要性について解説をしていきたいとおもいます。
この資金管理なんですけども多くの初心者の方は稼ぐノウハウを中心に勉強していると思います。
例えばテクニカル分析とかそういった手法ばっかりを集めることに注力してしまうんですけども実はこのテクニカル分析やファンダメンタルズ分析はこの稼ぐためのトレード戦略と同じくらいもしくはそれ以上に重要であると言っても過言ではないスキルになってきます。

その理由はこの資金管理がしっかりできていないと一発で自己資金の大部分を失って取り返しのつかないことになる可能性があるからです。

資金管理の重要性

ここで資金管理の重要性を考えるためにA君とB君ふたりのタイプのトレーダーを想定してみたいと思います。

A君はしっかりと資金管理をしていて最大レバレッジは自己資金の10倍に設定していると10倍までという制限を自分で化しています。

そして負けた後はポジションを小さくし買ったあとはポジションを大きくすることができるという自分なりのルールを考えてしっかりとした資金管理をしています。

一方 B君の場合は資金管理は全くの無視勝つことのみがすべてだと考えていてレバレッジは10倍から25倍まで最大25倍までかけたトレードしているとしかもですねもうすぐにカッとなりやすくて負けたらレバレッジをさらに高くするトレードしています。

と少しは極端な例にはなってしまうんですけれどもこれはもう結果はあきらかでA君の場合はコツコツ資金を増やすことができます。

例えば負けることもあるんですけども負けたらポジションを小さくするということで連敗してもそのダメージは小さいとそして連続して負けでもトレード戦略の軌道修正等できますのでその後復活する可能性が高くなります。

一方ですねもうB君の場合はもうこれはのトレードとよりもギャンブルですね。

負けたらレバレッジを高くして売買するということでハイレバレッジ、ハイリスク、ハイリターンということで一時的にすごい稼ぐということありますが、ただ負ける時一気に負けてしまうということでこのようなトレーダーは相場の世界ではB君のような一時的にい稼いでいるんですが、ただ資金管理がもう全然なってないトレーダーというのは必ずどこかで淘汰されます。

本当に相場の世界で生き残っているトレーダーはA君のようなコツコツコツコツ安定的に資金を増せるトレーダーこういうA君ようなトレーダーだけが生き残るこれがの相場の世界です。

続いて多くの初心者がはまってしまうマーチンゲール法について説明していきたいとおもいます。
マーチンゲール法といいますのは負けた後は勝ちになりやすいと考えて損を出したら金額を倍にする方法。
これがマーチンゲール法と呼ばれる手法です。

これはギャンブルの世界でよく使われてまして例えばコインの裏と表を当てるゲームがあったとします。

表が3回続いたということであれば次は裏になる可能性が高いだろうということでそこで金額を倍にして勝負をかけるこれがマーチンゲール法と呼ばれる手法ですね。

これをもしFXに当てはめてしまいますと完全に負けてしまいます。

なぜなら、FXの世界では勝率というのは負けが続いたからといってその次に勝ちやすくなるなんてことはないです。

勝つかどうかというのは常に相場次第であって極端な話負けが10回20回連続で続いても全くおかしくないわけです。

可能性としてはゼロじゃないわけですなので負けたからといって次にポジションを倍にして勝負をかけるこういうマーチンゲールを使ってしまうと行き着く先というのはもうこれ完全にある破産ということになってしまいます。

具体的な資金管理

ではどうすればいいのかといいますと正しい資金管理し方法としましては、逆マーチンゲール法というものがよく言われてましてトレーディングで損失が出たらポジションを減らして逆に利益が出たらポジションを増やしていくというマーチンゲール法とは全く逆の方法を使うということです。

これによってですね負けが続いても喪失は限定されますし逆に波に乗って連続して買っていくというときであれば一気に資金を増やすことが可能になるということでこの逆マーチンゲール法これをしっかりと意識していただければと思います。

最後に具体的な資金管理の方法についてですね簡単に説明していきたいと思います。

資金管理の方法と言いましても様々なものがありましてもっともシンプルな方法としましてはこの1回のトレードの損失許容額つまり最大損失が資金の○○%と決める方法があります。

例えば資金100万円の金額でトレードしているという形であればこの最大損失額を5%と決めたのであれば1回のトレードで5万円以上の損失を出さないようにトレードするという方法があります。

最適なこの許容損失額は自分のトレード戦略やトレード目的によって変わりますので一概にはこれ言えないんじゃないかなと個人的に思っています。

ただかなり長い中長期のトレードスタイルではない限り今一般的に5%以内で1回のトレードの損失額を抑えるというのが、一般的なんじゃないかとは思います。

以上が資金管理の重要性についての説明でした。

最後までご覧頂きありがとうございました。

おすすめの記事